藍染めについて

青は藍より出でて藍より青し
ということわざがあります。

 

この藍という色は、ジャパンブルーと呼ばれている色で普通の青よりも深い色身で鮮やかな日本の青です。この藍は昔から日本で愛され続けているものです。今回は藍染めについてまとめてみました。

 

藍染めは、1500年以上も前から伝わっている日本最古の植物染料だと言われています。藍染は、インジゴという色素で染めたもので藍だけでなく、世界各地、インジゴを含んだ植物を使って色々な方法で藍染めに使われてきました。

 

昔から藍染めは日本人にとって身近なもので、たくさんの人に愛されてきました。平安時代には、藍染の中でも色は濃いものが武家に愛されていて鎧の下に藍染の下着をけ傷などから身を守るのに使われていたそうです。

 

江戸時代になると、庶民にも藍染めが普及し始めて、もんぺや、仕事着、漁師の祝着などに藍染めが使われるようになったんです。明治に日本を訪れた科学者のアトキンソンは、日本人が藍染の服を良く着ていることに驚いたことから藍染めの藍をジャパンブルーと名づけたそうです。それくらい藍染は日本人にとって身近なものだったんです。

 

藍染め

藍は、タデ科の植物で、春に種をまいて、夏に刈り、秋に次の種を採取します。この刈り取った藍を大きな瓶の中にいれ石灰を足して混ぜると綺麗な艶やかな泡がでます。これを藍の華というそうです。

 

この藍染めの[藍]は、元々漢方薬として日本に伝わったそうです。藍には、解毒、解熱、腸内抗菌、水虫、あせもなどに効果があったようで、藍染めされた服なども防虫、殺菌、防水などの効果があり、藍染めされた服は丈夫で長く着れる、着れば着るほど色が変化していくので、色を楽しみながら長く付き合っていけるという魅力があるんです。

 

藍染の魅力

  • 藍で染めることによって生地が強くなる
  • 藍が薄くなったらまた染め直しをすることができる
  • 藍で染めると悪い菌から守ってくれる
  • 藍で染めると肌が敏感な人でも気持ちよくきることができる
  • 藍の色は昔から日本人に愛されていた色